不眠症

不眠症

睡眠がスムーズにできないなど不眠症の原因は人それぞれ。環境改善から変えられる人もいれば仕事上改善が難しいことも?


睡眠薬に頼らずぐっすり眠る方法⇒睡眠不足が解消されてストレスも解消
大好き❤ネット通販 > 不眠症とは

不眠症とは

夜なかなか寝付けない。

寝てもすぐに起きてしまう。
寝ても寝てもなんとなく疲れが取れない。
眠りが浅い。

そんな状態は不眠症といえます。

忙しすぎて体が疲れすぎているとき、パソコンなどの長時間の利用で目が疲れているとき、
悩み事があって考え事で頭がいっぱい。

色々原因はありますが、長い間その状態が続くと体調がすぐれないなど肉体的に影響も出てきます。
眠れないことは悩まずに、お医者さんに相談するのも一つの手ですが、
睡眠導入剤を常用するというのも少し心配ですよね。

不眠症の治し方

日本では5人に一人が何らかのかたちでちゃんと眠れていない人が多いそうです。

睡眠不足、不眠症などの原因は人それぞれ。
自分の力で生活改善できる人もいれば、
仕事の都合や持病などがあり、生活改善できない人もいます。

ですが、一人で悩むよりも、不眠外来などで病院で見てもらい、
改善の手助けをしてもらうのもいいと思います。

睡眠導入剤いわゆる睡眠薬、眠剤などといわれるものは怖いという印象を持っている人も多いのですが、
正しい服用をしていれば、やめることができない、依存してしまうということもありません。

でも一番いいのは生活改善をして、十分な睡眠を取る時間や状況を整えることが一番ですよね。

不眠症 定義

不眠症の定義は寝つきが良くなく、1時間、2時間もお布団の中で眠れない。
寝ても頻繁に目が覚める、そのあと眠れない。

寝ても寝ても疲れが取れない。

こういった状態が週に何回もある場合は不眠症といえます。

原因は人それぞれ、たとえば、睡眠そのものよりも、
その他の病気があったり、悩み事がある場合、結果的に寝れなくなることにつながっていることもあります。

たとえば、じんましんなどの慢性的な病気や、歯列矯正中のはぎしりによる筋肉の硬直での疲労、
働きすぎ、運動のし過ぎなどの筋肉疲労肉体疲労、パソコンのし過ぎや、
夜勤などの昼夜逆転生活などの環境によるものもあります。

よく、ベッドにはスマホを持ち込まない!なんて言いますが、
パソコンやスマホ、ipadのような電子機器の光の強さで本来睡眠時に分泌されるセロトニンという物質がでないというひとも多いようです。

セロトニンは天然の睡眠導入剤のようなもので、私たちの体にもともと備わっているものです。
セロトニンは食事からもとれるアミノ酸なのですが、それが上手に取れていないのも不眠の原因とも言われています。

熟睡できない、でも病院には行きたくないという人は、セロトニンを摂取してみては?


睡眠薬に頼らずぐっすり眠る方法⇒不眠症が解消されてストレスも解消